どうやって自分の体臭を確認すればよいのか

体臭で悩んでいる人にとって、自分の臭いがわからないのに、人には臭がられたり指摘されたりすることは大きな悩みの種と言えます。体臭が自分ではわからないとき、どうやって自分の体臭を確認すればよいのかを考えてみました。

手汗対策で人気・話題のファリネの口コミと効果の違い

部位を触って嗅いでみる

ご自分の体臭の部位を完全に把握しているでしょうか。それならその部位を手で触って確認することが一番です。脇の下、後頭部、耳の裏、股間、顔などを定期的に触って体臭を確認します。触る時はちょっと触れるだけでなく、念入りにこすってみたりしてください。体臭があると分かったらすぐにケアをすることが可能になります。この方法は体臭の部位を把握するところから始まります。自分の体のどこから臭っているか、いちど研究してみてください。

あえて人混みに入ってみる

どこから発生しているかは関係なく、自分が臭いかどうかを確認するならあえて人混みに入ってみることです。必ず大げさにわざとらしく咳払いをしたり咳を聞かせてきたり、鼻を抑えたりする人が現れます。これによって自分が臭いかどうか確認できますが、心が傷ついてしまうことは覚悟のうえで突入してみましょう。

人に嗅いでもらう

身近に親しい人がいるなら、体臭を確認してもらうようにしてください。最初は気恥ずかしいことがあると思いますが、慣れてくれば日常の習慣にすることができます。今日はちょっとある、今日は無い、どんな臭いかなど、自分の体臭について的確に知ることができるでしょう。ただ正直に話してくれる人を選ばなければ、後で後悔することにもなります。気を使って臭いのに臭くないという人もいるからです。

臭気測定器を持ち歩く

人に確認されるのが嫌というなら、ハンディ式臭気測定器です。安いものはほとんど役に立たないですが、10万円もする高価な臭気測定器なら、確実に臭っているかどうかを知ることが出来ます。どこに行くにも持ち歩いてみてください。メンテナンスや乾電池の交換などが必要になりますが、気に悩んでいるとすれば試してみてもいいでしょう。

体臭が自分ではわからないとき、どうやって自分の体臭を確認すればよいのかを考えてみました。